株式会社メディカルネットワーク

株式会社メディカルネットワーク > 介護でお困りの方 > その人に合った場所って?~認知症利用者が自分に合ったデイサービスを利用するまで~

その人に合った場所って?~認知症利用者が自分に合ったデイサービスを利用するまで~

その人に合った場所って??

 

親が認知症になったらどうしよう。
認知症になったらどんな方法、サービスを利用しながら自宅で過ごしていくのか?
そういった不安を抱えている方もいらっしゃるかと思います。

私たちケアマネジャーは、利用者様が自宅で生活するために、
主治医、介護サービス事業所、関係機関と連携し、
利用者様、ご家庭の課題やニーズに合わせて、様々なサービスの調整を行う専門職です。

 

今回は、利用者様に合ったデイサービスの利用をお手伝いさせていただいた事例を紹介いたします。

 

 

利用している介護保険サービスの内容を紹介します。

 

認知症の方には人数が少ないデイサービスが良い??

 

デイサービスと一口に言っても、色々な特色を持った事業所があります。
デイサービスは規模によって分かれており、
大規模なデイサービス、小規模なデイサービスがあります。

 

大規模デイサービスとは・・・。

1日の利用定員が26名以上のデイサービスをさします
1日の人数が多いため、レクリエーションも大規模なものになります。
また、終始にぎやかな雰囲気でコミュニケーションも活発になります。

 

小規模デイサービスとは・・・。

1日の利用定員が10名ほどのアットホームな雰囲気で、
利用者と職員との距離が近く、一人ひとりの状態に合わせて、じっくりと向き合ったサービスです。

 

一般的に、認知症を抱える利用者は、家庭的で少人数である小規模デイサービスが
馴染みやすいと言われています。

 

人数が少ないデイサービスがすべての人に合うかはわからない。

 

この方の場合、

もともと近所の方の鉢植えを無断で持ち帰る、

昼夜を問わず徘徊をしていました。

 

これでは介護者が目を離せず介護負担が大きくなります。

  • そういった事情から、小規模デイサービスの利用を行っていましたが、
    「物を盗る欲求が抑えきれない。」
    「デイサービス利用中も落ち着かず、何度も夫へ電話する。」
    など、様子は変わりませんでした。

人数が少ない小規模デイサービスがすべての人に合うとは限りません。
このような状況では、

本人も家族も負担が大きくなり自宅生活の継続が難しいものとなります。

 

 

 

自宅生活をするために、会議や相談を何度も行います。

 

サービスを利用して、利用者様の生活の改善、介護負担の軽減が変わらないのであれば、
会議やサービス利用継続の検討が必要になってきます。

 

この方の場合、
夫だけでは負担が大きくなり、

介護や生活がままならない状況になっていた為、

  1. 息子夫妻を交えた会議の開催。
  2. 主治医の先生へ相談する。

の提案を行いました。

 

話し合いの結果、
夫や家族の意向を尊重しつつ、

主治医が同じ建物にいる大規模デイサービス(デイケア)を

利用する事になりました。

 

このように何か困りごとが起きた時は、

ケアマネジャー中心となって、

主治医、サービス事業所などの関係機関と

解決に向けて話し合いを重ねます。
決して1人だけ、家族だけで悩むことはありません。

 

この事例で実際に利用した大規模デイサービス(デイケア)とは、
認知症専門デイケアの事を指します。

 

この認知症デイケアとは、

  • ・認知症により物忘れや生活のしづらさがある方。
  • ・今まで利用してきたデイサービスが継続できない方。

など、認知症の介護をされているご家族が、

住み慣れた家での生活で認知症による困りごとを一緒に考え、
日中の見守りや、日常生活の支援を受けることができる

医療保険で提供されるデイサービスです。

 

 

ケアマネジャーは自宅訪問で状況確認を行います。

 

大規模なデイサービス(認知症デイケア)の利用が始まった後も、
ケアマネジャーは状況の確認の為、

定期的な訪問を行いながら本人やご家族にお話を伺います。

※要介護認定をお持ちの方は、ケアマネジャーが毎月訪問し状況の確認をいたします。

 

小規模デイサービスを利用していた時は、

自宅と同じような感覚で過ごしていた為、
「物を盗る」、「落ち着かない状況」が続いていました。

 

大規模デイサービスを利用すると、

自宅と違う環境と認識する事で気持ちの切り替えが出来ていた、

「お稽古に行ってくる」と言われるなど、

社会性が発揮されることで、
以下のような変化が見られ

自宅で生活を送ることが継続出来るようになりました。

 

  1. 「デイサービス利用中は帰宅願望の訴えがなくなった。 」
  2. 「デイサービスの備品の持ち帰りをしなくなった。 」
  3. 「他利用者とも馴染んでいる。 」
  4. 「本人も嫌がらずに行っている。 」
  5. 「家族は自分の時間が取れるようになった。 」
  6. 「自宅での様子は変わりない・・・。」

 

 

ここち良いデイサービスは人によって違う。

 

「ここち良い」とは、気持ちが良いこと、快適であることです。
「ここち良さ」は、ほんの些細な「さりげなさ」です。

本人の社会性が発揮されたことが、

落ち着いてデイサービスを過ごす要因になったと思います。

 

 

ケアマネジャーは利用者様、ご家族が自宅で生活するための相談役。

 

ケアマネジャーは、本人の自主性を尊重し、

本人が「通いたい」と思える環境に巡り合えるサービスの調整を行う専門職です。

 

介護でお悩みの方はお最寄りの事業所へご連絡ください。

お電話の際は「ホームページを見た」ことをお伝えいただくとスムーズです。

メディカルネットワーク(白木町)

メディカルネットワーク 長与

メディカルネットワーク長崎北部(花丘町)

 

 

 

その人に合った場所って?~認知症利用者が自分に合ったデイサービスを利用するまで~:関連ページ

令和3年12月にアンケート実施。嬉しいお言葉を頂きました。
令和2年4月~令和3年3月の間に、 当事業所に、介護保険の相談を頂き、 介護サービスを利用している利用者様、ご家族へ、 アンケートを実施しました。   目次はこちら1 アンケートにご協力頂きありがとうございます […]
お薬の悩みは、薬剤師へ。 薬剤師が自宅を訪問する介護サービスをご存知ですか?
処方された薬が残っている 錠剤が大きくて、薬が飲めない お通じがゆるくて、介護が大変 飲み忘れがある事を、かかりつけの医師へ言えない 複数の病院から薬が処方されている こんなお悩みはありませんか?? 介護サービスのひとつ […]
介護保険の申請のタイミングは?
  こんにちは、メディカルネットワークです。 足腰が悪くなって、お買い物や通院が大変になったり 掃除機かけがつらくなってきた。 病院は看護師に助けてもらい、色んなお話をして不安は感じなかったけど、 入院生活が長 […]
事業所統合。総勢17名のケアマネジャーの事務所になりました。
こんにちは。メディカルネットワークです。   今年も残り1カ月となりました。1年が過ぎるのは早いですね。 さて、当事業所は、諏訪事業所と長崎南部事業所が令和2年10月1日に統合・移転し、 白木にある事務所は、総 […]
ケアマネジャー求人!社内アンケート実施。当社はこんな会社です
新しい職場、職種に就く際、こんな悩みや思いはありませんか? 「ケアマネジャーの経験がなく、就職先に迷っている」 「今まで介護の現場でしか働いていないのに、働いていけるか心配」 「子どもが小さいから、子育てと両立できる職場 […]
高齢者の熱中症対策を現場30人が実践する対策を16個ご紹介
今年も暑い季節がやってきました。 夏の悩みの1つに、熱中症があります。 遠く離れた親が心配。 「もの忘れがあり、1人では空調管理ができない」 「クーラーの風が嫌いで、クーラーを使わない」 「いくら言っても水分を摂ってくれ […]
福祉用具大活躍!102歳でも外出できます!
年齢や怪我、長期入院などで落ちていく筋力。若いころはなんともなかった、階段や玄関などが障害になり、自宅で生活するのが難しい。と感じる方は少なくありません。 「自分の足で歩いていたい」「家族には迷惑をかけられない」「介護が […]
ケアマネジャー募集
メディカルネットワークでは職員増員の為、ケアマネージャーを募集しています。
地域包括支援センターの皆様こんなことでお困りではありませんか?
おはようございます。こんにちは! メディカルネットワーク、広報委員会です。   地域包括支援センター様向けチラシが完成いたしました!   地域包括支援センター様の困ったこと、私たちが解決いたします! […]
ソーシャルワーカーの皆様こんなことでお困りではありませんか?
こんにちは! メディカルネットワーク、広報委員会です。 ソーシャルワーカーの皆様、チラシが完成いたしました! ソーシャルワーカーの皆様の困ったこと、私たちが解決いたします!     当事業所は、長崎市 […]