株式会社メディカルネットワーク

株式会社メディカルネットワーク > 在宅サービス > 福祉用具の貸与や購入、住宅の改修

福祉用具の貸与や購入、住宅の改修

福祉用具の貸与

●自立した生活をするための福祉用具をレンタルする

次の13種類が貸し出しの対象となり、 費用の1割が自己負担です。
ケアプランに組み込まれるので、利用したいときはケアマネジャーに相談しましょう。
要支援1・2の方、要介護1の方は利用できる品目が限られます。
原則、要支援1・2の方、要介護1の方は、(1)~(4)のみ、(13)については尿と便の両方を吸引する機能のものは要介護4・5の方のみが利用できます。

(1)手すり(取り付けに工事をともなわないもの)
(2)スロープ(取り付けに工事をともなわないもの)
(3)歩行器
(4)歩行補助つえ(松葉づえ、多点杖等)
(5)車いす
(6)車いす付属品(クッション、電動補助装置等)
(7)特殊寝台
(8)特殊寝台付属品(サイドレール、マットレス等)
(9)床ずれ防止用具
(10)体位変換器
(11)認知症老人徘徊感知機器
(12)移動用リフト(つり具の部分は除く)
(13)特殊尿器(自動排せつ処理装置のみ)

 

購入費の支給

●トイレ、入浴関連の福祉用具を買う

下記の福祉用具を指定特定(介護予防)福祉用具販売事業者から購入したときは、費用の9割が支給されます。
要介護区分に関係なく上限額は、同一年度に10万円でその1割が自己負担です。

●腰掛便座
●入浴補助用具(入浴用いす、浴槽用手すり、浴槽内いす、入浴用介助ベルト等)
●簡易浴槽
●移動用リフトのつり具の部分(移動用リフト本体は除く)
●特殊尿器(交換可能部品のみ)

※指定を受けていない事業者から購入した場合は、支給の対象になりません

 

住宅改修費の支給

●より安全な生活が送れるように住宅改修を行う

生活環境を整えるための小規模な住宅改修を行ったときは、費用の9割が支給されます。
要介護区分に関係なく20万円が上限です。
自己負担は1割なので、20万円の住宅改修を行ったときの自己負担は2万円です。(18万円が支給されます。)
工事を検討する際に保険給付の対象となるかどうかを、ケアマネジャーか介護保険課に相談しましょう。

◎介護保険の対象となる工事
(1)手すりの取り付け
(2)段差・傾斜の解消
(3)滑りにくい床材・移動しやすい床材への変更
(4)開き戸から引き戸等への扉の取り替え(扉の撤去を含む)
(5)和式から洋式への便器の取り替え
(6)その他これらの各工事に付帯して必要な工事

※屋外部分の改修工事も給付の対象となる場合があります

 

 

 

 

 

 

福祉用具の貸与や購入、住宅の改修:関連ページ

事業所統合。総勢17名のケアマネジャーの事務所になりました。
こんにちは。メディカルネットワークです。   今年も残り1カ月となりました。1年が過ぎるのは早いですね。 さて、当事業所は、諏訪事業所と長崎南部事業所が令和2年10月1日に統合・移転し、 白木にある事務所は、総 […]
福祉用具大活躍!102歳でも外出できます!
年齢や怪我、長期入院などで落ちていく筋力。若いころはなんともなかった、階段や玄関などが障害になり、自宅で生活するのが難しい。と感じる方は少なくありません。 「自分の足で歩いていたい」「家族には迷惑をかけられない」「介護が […]
メディカルネットワークは、ケアマネジャー実務者研修の受け入れをしています
目次はこちら1 平成30年度ケアマネジャー試験(介護支援専門員実務研修受講試験)の合格発表がありました1.1 メディカルネットワークでは、積極的に実習生を受け入れています1.2 メディカルネットワークには、すべての事業所 […]
自宅を訪問
在宅サービス
訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導
施設へ日帰りで通所
在宅サービス
通所リハビリテーション(デイケア)、通所介護(デイサービス)
施設へ短期間入所
在宅サービス
短期入所生活保護(ショートステイ)、短期入所療養介護
介護サービス計画の作成
在宅サービス
介護支援サービス(居宅介護支援)
その他のサービス
在宅サービス
認知症の要介護者のためのグループホームにおける介護、有料老人ホームにおける介護(特定施設入所者生活保護)