株式会社メディカルネットワーク

株式会社メディカルネットワーク > 介護でお困りの方 > わたしの「これから」をデザインする。

わたしの「これから」をデザインする。

11月30日は「人生会議の日」

厚生労働省は2018年11月30にACPの愛称を「人生会議」と発表し、ACPについて考える「人生会議の日」に決定しました。
「1130(いいみとり)=いい看取り」 語呂合わせも

 

厚生労働省ホームページでも以下のような記載があります

“「誰でも、いつでも、命に関わる大きな病気やケガをする可能性があります。命の危険が迫った状態になると、
約70%の方が医療・ケアなどを自分で決めたり、望みを人に伝えたりすることが出来なくなると言われています。
自らが希望する医療・ケアを受けるために、大切にしていることや望んでいること、どこで、どのような医療・ケアを望むかを自分自身で前もって考え、周囲の信頼する人たちと話し合い、共有することが重要です。」”

厚生労働省ホームページより引用

 

私たちケアマネジャーは、ケアプランを作成します。
そのケアプランの中にはご本人やご家族の意向を記載する欄があり、その意向に沿った生活を実現するための方向性が記されます。
しかし、これまでのケアプラン作成の過程を振り返ってみても、人生の最終段階をどのように過ごすかについて記載した事は少なかったように思います。
生活に寄りそう私たちケアマネジャーは、最終段階を迎えようとしている人生への不安や悲しみ、これからの過ごし方について、ご本人やご家族、医療・ケアスタッフとともに考えながら方向性を具体化する役目を担っています。

「考える方法が分からない」、ご本人の意向を確認できずにご家族がその方法を選ぶことになった、等々迷いや不安を抱えるご本人やご家族の不安に直面する事があります。

今、私たちケアマネジャーが出来ることは何だろうと考えたとき、「人生の最終段階の過ごし方を考える具体的な方法が提案できる」と気づきました。

今回は、ホーム・ホスピス中尾クリニック、NPO法人らいぶながさきでご活躍中の中尾彩花先生をお招きし、ACP(=人生会議)について講義をしていただきました。

 

ホーム・ホスピス中尾クリニック
NPO法人らいぶながさき

 

ACP(=人生会議)について講義をしていただきました

ACP=アドバンス・ケア・プランニング の頭文字。
価値観や生活、医療の望みを考え、それを家族や医療者と話し合い共有しましょう!という考え方です。
ACPの3つの大切なポイント
1. 内容を知ったうえで自分で決めましょう
2. 健康や病状、人生の段階に応じて考えなおしましょう
3. 家族、信頼できる医療者に理解してもらいましょう

病気になったり、家族が増えたり、人生のイベントによって、考え方や価値観はどんどん変わっていくもの。
「健康なうちから少しずつ考えておくと理想的」と中尾先生より

 

具体的な方法は?

とは言っても、具体的にどんなことを考えればいいのか、「考えること」を考えることが難しいと思います。
NPO法人らいぶながさきが作成した、下記URLのホームページにあるチェックリストを活用してみませんか?
あなたの価値観のこと、治療や生活の希望や想いを伝えるためのツールがここにあります。
わたしの「これから」をデザインする

※トップページの“デザインシート”をクリックして簡単なアンケート後に印刷できます。
内容が難しい場合も、サポートスタッフにお尋ねすることができます。

中 尾先生が勤務されているクリニックでは、上記ツール以外にも、楽しみながら価値観が見出せるカードゲームなども取り扱われています。
ホーム・ホスピス中尾クリニック

 

メディカルネットワークのケアマネジャーにできる事

 

講義を受けて、メディカルネットワークのケアマネジャーにできることが増えたと感じます。
まずは身近な人と話をしたり、病気になった時のことを考えたり、今をよりよく生きるため、自分の将来や身近な人の事を考えながら、ACPに取り掛かるはじめの一歩となりました。
今後は、ACPに関する情報提供も行いながらご本人・ご家族の“こころに寄りそうお手伝い”を行っていきます。

 

お忙しい中講義してくださった中尾先生、誠にありがとうございました。

 

当事業所では、介護の相談を随時受け付けています。

相談は最寄りの事業所へご相談くださいませ。

㈱メディカルネットワーク 居宅介護支援事業所
【諏訪町】TEL 095-818-6133
㈱メディカルネットワーク居宅介護支援事業所 長崎南部
【白木町】TEL 095-893-8222
㈱メディカルネットワーク居宅介護支援事業所 長崎北部
【花丘町】TEL 095-894-8111
㈱メディカルネットワーク 居宅介護支援事業所 長与
【長与町】TEL 095-855-8850

 

わたしの「これから」をデザインする。:関連ページ

認知症初期集中支援チームの活動と取り組みについて
「認知症になっても住み慣れた自宅で生活がしたい…。」誰もが願う事だと思います。 そのために、長崎市が行っている「認知症初期集中支援チームの活動と取り組み」について認知症疾患医療センタ―の宮川由香先生に講義をしていただきま […]
メディカルネットワークは、ケアマネジャー実務者研修の受け入れをしています
目次はこちら1 平成30年度ケアマネジャー試験(介護支援専門員実務研修受講試験)の合格発表がありました1.1 メディカルネットワークでは、積極的に実習生を受け入れています1.2 メディカルネットワークには、すべての事業所 […]
認知症ケアについて学びました
利用者様に笑顔で過ごして欲しい。 その強い想いを持ち、認知症介護実践リーダーとして認知症ケアや人材育成に奮闘している エフステージ道ノ尾 本田鷹先生をお招きし、認知症の方とのコミュニュケーションについてご指導頂きました。
フィジカルアセスメントの大切さを学びました
患者さんが楽しい思いをして生きていける、最高の笑顔が見られる・・・ そんな思いを胸に抱いて、在宅患者さまの支援を20年間続けている、(一社)長崎薬剤師会専務理事であり、有限会社ななしま薬局代表の七嶋和孝先生をお招きし、フ […]
メディカルネットワークの「人材育成」について聞いてみました
最近の就職活動の傾向として、巷では売り手市場と呼ばれています。   また、2017年より経団連加盟企業の選考開始時期が、当初予定されていた8月スタートから2カ月早くなり、6月スタートに変更となるなど、仕事に就く […]
社員教育について
当事業所では、ケマネージャー未経験者、他居宅での経験者問わず 入社後は、3か月程度の同行訪問を行い、質の高いケアマネジメントを提供できるよう取り組んでいます
6月6日指導:ケアタウン総合研究所 高室成幸 所長
感情労働とメンタルマネジメント 参加者30 名
3月7日指導:ケアタウン総合研究所 高室成幸 所長
ファシリテーション技術 ~調整・交渉・進行の技術~ 参加人数 27名