株式会社メディカルネットワーク

株式会社メディカルネットワーク > サービス事業所の方 > 「㈱メディカルネットワークは男女平等、女性参画を推進する企業を目指します。」

「㈱メディカルネットワークは男女平等、女性参画を推進する企業を目指します。」

「アベノミクス」の打ち出した3本の矢に“介護離職0を目指す“という発言があったのは記憶に新しいですね。

親や配偶者の介護に伴い離職をせざるを得ない現状を打開するというものです。また、一方で最近は少子化担当大臣まで任命される程、子育てのしにくい社会になっている現状があります。女性の活躍、参画機会の喪失が叫ばれる中で

今回は~働きやすい職場~とは何か、当社の雇用環境についてご紹介します。

 

㈱メディカルネットワーク総務部 福田尚子部長に話を伺いました。

当社の企業理念に「ノーマライゼーションの精神を現場で実践するため…」と掲げています。つまりお互いに支え合うという理念です。そう考えると男女を問わず働きやすい環境を整備する事は当然です。

出産、育児、介護離職を解消する事で埋もれた人材を見つけ出すことになるわけです。もっともっと力が発揮できるはずなのにそれが出来ない事は納税や消費のサイクルを考えた場合、日本の経済にとっても宜しく無いです。

しっかり働く事で労働人口を確保し、税金を納める事が重要だと思います。政府は外国人労働者に頼る考えもあるようですが、女性が活躍する事で解消できると考えています。つまり、女性無くして日本の経済は成り立たないと言って良いと思います。

 

当社でも介護休暇をとった方がいます。また、育児休暇もしっかり取って、育児を楽しんで欲しいと思います。仕事の事が気になって育児が疎かにならないように勤務体制やシフトコントロールなど、柔軟に対応できるようにしています。

 <福田部長談>

政府が政策としての女性参画、少子化対策を提唱して随分時間がたっていますが、世の中は果たして介護や子育てをやり易い環境になっただろうか?今求められているのは企業、団体、又は自治体レベルでのより具体的な行動を率先して起こす事が必要ではないだろうか。

率先し力を入れている企業もたくさんありますが、まだまだ社会に浸透している訳ではないと感じます。

福祉先進国では国家の議場に育児中の議員が子供と一緒に出席し、国会答弁中に演台で授乳する等当たり前の社会が実現しています。21世紀の今日、先進国と呼ばれる我が国もそのような国家を目指すべきと思います。

 

<当社での実際の声>

 

管理職に就きながらも、子育てと仕事を両立している溝脇次長

溝脇次長の関連記事はこちら

2人目出産を終えたばかりの産休中の大木ケアマネジャー

共働きで、2歳と5歳のお子さんを育てている竹谷ケアマネジャーのお三方に、実際の所を聞いてみました!

Q.メディカルネットワークで産休は取りやすいと感じましたか?

 

A.大木CM:産休に入る前は、担当させていただいた利用者様を、当事業所内で引継ぎをさせて頂きましたが、普段から事務所内でケアマネジャーの担当ケースについて情報共有を行っている事や、所長を始め他のケアマネジャーの協力もあり安心して引継ぎを終える事が出来ました。産休中の今も、ゆっくり安心して子育てに専念出来ています。

Q.産休・育休からの仕事復帰についてお尋ねします。体力的にも、仕事に慣れるのに時間もかかったと思われますが、会社側の対応で良かった事はありますか?

 

A.溝脇次長:育休から復帰して暫くは、1時間短縮でお仕事をさせて頂きました。職場に近い保育園を選んだので、仕事の合間に授乳にも行かせてもらっていました。子どもの保育園や学校の時間に合わせて、勤務時間も柔軟に対応してもらえるので助かりました。

 

大木CM:1人目出産・育休の後は、時間短縮で働かせてもらい、徐々に慣れていく事が出来ました。会長からも、残り有給日数の心配から急なお休みが出来る環境であるか等、日ごろから気遣って頂いています。

竹谷CM:竹谷家は共働きをしています。私が保育園のお迎え担当です。

就業時間を通常より、30分繰り上げて、8:30~17:30に変更してもらっています。業務の都合上、17:30まで訪問などがある時は、出先から直接保育園に迎えに行っています。会社の柔軟な対応もあり、これまでに延長保育をお願いした事はないです。

 

Q.小さなお子さんは病気にかかりやすく、大変だと思いますが、子育てはしやすかったですか?

A.溝脇次長:産休中に私に代わって利用者様を担当してくれたケアマネジャーがいます。子供が喘息で毎月のように入院や通院、急な病気で休まないといけない時もそのケアマネジャーが利用者様の事を把握出来ているので、対応してくれて、とても助かりました。

大木CM:子供が小さいうちは、病気にかかりやすいので、急な病院受診や早退等する事がありますがが、その後の予定や対応など、他のケアマネジャーが代わって対応して頂きました。所長や職場の方の理解もあるので助かっています。

 

 

インタビューを終えて

メディカルネットワークでは、1人の利用者様に対してフォロー体制。事務員と業務分担しているので、急な病気などで休んだ場合でも連絡は取れる体制を取っています。子育てに支障なく仕事も子育ても両立できています。

会社全体で利用者・家族・職員を支える事が出来ているメディカルネットワークで、働いてみませんか?介護の相談をしてみませんか?

 

インタビュアー谷川・宮山

 

 

「㈱メディカルネットワークは男女平等、女性参画を推進する企業を目指します。」:関連ページ

ケアマネジャー求人!社内アンケート実施。当社はこんな会社です
新しい職場、職種に就く際、こんな悩みや思いはありませんか? 「ケアマネジャーの経験がなく、就職先に迷っている」 「今まで介護の現場でしか働いていないのに、働いていけるか心配」 「子どもが小さいから、子育てと両立できる職場 […]
高齢者の熱中症対策を現場30人が実践する対策を16個ご紹介
今年も暑い季節がやってきました。 夏の悩みの1つに、熱中症があります。 遠く離れた親が心配。 「もの忘れがあり、1人では空調管理ができない」 「クーラーの風が嫌いで、クーラーを使わない」 「いくら言っても水分を摂ってくれ […]
福祉用具大活躍!102歳でも外出できます!
年齢や怪我、長期入院などで落ちていく筋力。若いころはなんともなかった、階段や玄関などが障害になり、自宅で生活するのが難しい。と感じる方は少なくありません。 「自分の足で歩いていたい」「家族には迷惑をかけられない」「介護が […]
ケアマネジャー募集
メディカルネットワークでは職員増員の為、ケアマネージャーを募集しています。
地域包括支援センターの皆様こんなことでお困りではありませんか?
おはようございます。こんにちは! メディカルネットワーク、広報委員会です。   地域包括支援センター様向けチラシが完成いたしました!   地域包括支援センター様の困ったこと、私たちが解決いたします! […]
ソーシャルワーカーの皆様こんなことでお困りではありませんか?
こんにちは! メディカルネットワーク、広報委員会です。 ソーシャルワーカーの皆様、チラシが完成いたしました! ソーシャルワーカーの皆様の困ったこと、私たちが解決いたします!     当事業所は、長崎市 […]
ご飯は大盛り、名前は小森です
メディカルネットワーク長崎北部事業所は、前所長の戸村からバトンを受け、現在小森が所長を務めています。   もっと気軽に相談をして頂けるよう、長崎北部事業所の小森を紹介させていただきます。   Q.㈱メ […]
わたしの「これから」をデザインする。
目次はこちら1 11月30日は「人生会議の日」2 ACP(=人生会議)について講義をしていただきました3 具体的な方法は?4 メディカルネットワークのケアマネジャーにできる事 11月30日は「人生会議の日」 厚生労働省は […]
認知症初期集中支援チームの活動と取り組みについて
「認知症になっても住み慣れた自宅で生活がしたい…。」誰もが願う事だと思います。 そのために、長崎市が行っている「認知症初期集中支援チームの活動と取り組み」について認知症疾患医療センタ―の宮川由香先生に講義をしていただきま […]
日本人が考える幸せとは何か?ノーマライゼーション in 長崎 アンケート集計結果
日本人が考える幸せとは何か。